脱毛器の種類と特徴

家庭でムダ毛を自己処理すれば、気軽でリーズナブルです。最近、家電店などで市販されている家庭用脱毛器は、高性能なものが多く、上手に使いこなせば、エステサロンやクリニックと同じ脱毛効果を得ることも可能です。
家庭用脱毛器には、主に3種類あります。
エステサロンで行われているムダ毛処理と同じ方法であるフラッシュ、医療機関で主に行われている方法であるレーザー、そして、家庭用美容機器製造会社が独自で開発したホーム・パラス・ライトです。
いずれも、ライトを毛根に照射して、制毛を促す方法ですが、光の特徴の違いによって、肌への影響や脱毛の効果が異なります。それぞれのメリットとデメリットを理解して、毛質・肌質、ムダ毛を処理したい部位、目的などに応じて、家庭用脱毛器を選ぶと失敗がないでしょう。
フラッシュは照射面積が広いので、1回の照射で広範囲の毛を処理することができます。痛みもほとんどありませんが、肌への負担が少ない分、完全なムダ毛の処理完了までに長い期間がかかります。メラニン色素に反応するという光の性質上、日焼けをした肌には照射できません。
レーザーは、光を一定方向に集めるため、照射面積が狭くなってしまいますが、より高い脱毛効果を得ることができるので、少ない回数で脱毛が完了します。ムダ毛処理の永続性も高いですが、フラッシュと比較すると、多少の痛みを伴う場合があります。
ホーム・パラス・ライトは、その頭文字をとってHPLと呼ばれています。照射したときに発生する音波の振動を利用して、出力の弱いエネルギーでも確実にムダ毛に作用させるといった、最も肌に優しい光脱毛なので、敏感肌の人でも安心です。機器本体は安価ですが、カートリッジを頻繁に取り換える必要があります。ただし、永続性は低いとされています。
何れの機器でも、使用上の注意を守り、こつこつとお手入れを続けることが、的確なムダ毛処理の効果を得るためには重要になります。